引越し業者の機材次第で様々です

一人身のときの引っ越しは、大型の家具や電化製品もなく、業者に頼むことなくできていました。けれども、結婚をしてから引っ越しをやるとなると、冷蔵庫や洗濯機といった大型家電がたくさんになり、かなりの大仕事となるため、引っ越し業者に依頼しました。

業者に任せると、電化製品の設置も行ってくれるので、ラクに行えました。
引越しのサカイは、今、ナンバー1の引越しシェアです、引越しのサカイ、それは、かのパンダマーク。

その名からもおわかりでしょう、大阪府堺市に本社があります。おなじみのCM、「勉強しまっせ引越しのサカイ、ほんまかいなそうかいな」というフレーズも、関西弁がよく表れていますね。引越し料金を比較して他の大手引越し業者より安く、作業が丁重なので、多くのリピートの要望があるようです。

転勤が多いので、他の人より引っ越しの経験は多いのですが、そんな私が一つだけ、大勢の人に言いたいことがあるのです。「壊されたくないものがあるなら、自分で運ぶべし」という警告です。
まだ引っ越し経験の浅かった頃、荷運びが済んで開梱していると、気付いてみると、一つの箱のいくつかの食器が欠けていました。

実は自分の作品だったので、衝撃は大きかったです。

ですが、お金に換えられるものではないし、文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。これから先の引っ越しでは、繊細な工芸品などは必ず、自分で運ぶようにしているのです。

引っ越しの荷造りは大変なものですが、特に慎重になるのはガラスや陶器の取り扱いでしょう。どこまでも油断は禁物です。安全に運ぶためには包み方の工夫も必要です。包むものが全て隠れるくらいの大きさに新聞紙を調整し、一個ずつ底から包むのが基本です。包む前に新聞紙を丸めて伸ばしておけば、緩衝効果があります。また、持ち手や取っ手など、飛び出たところがあれば、飛び出たところを先に包むのがコツです。

先日、転居しました。

引越し業者にお願いしましたが、それでも想像どおり大変でした。

苦労させられたことはというと、多種多様な手続きです。

住む自治体が変われば、印鑑証明請求に必要とされる印鑑登録もしておかなければなりませんでした。まず使うことはないのですが、念のため登録を済ませました。
引っ越し作業を業者に任せないで、自分で引っ越し作業をしたいなら荷造りにおいて、荷物の数を少なくする工夫をした方が良いです。
一般の自家用車で、荷物を運ぶのが基本になりますので、詰め込みやすくするための工夫をします。大きすぎないダンボールを使って梱包作業をする、割れ物の類は衣類でくるんで荷造りする等々、こうすると包み紙は不使用になり、荷物のかさを少しは減らせますし割れ物と一緒に衣類も梱包することで、破損の危険も減らします。

こうして、荷物の圧縮を行って、なるべく少なく小さく、パッケージングします。引っ越しの折、コンロには注意を向けておく必要があります。なぜかというと、それは、他の物と異なり、ガスの元栓をストップしておかなくては許されないからです。それに加え、ホースや器具に若干のガスが残留していますので、喫煙しないのは当たり前の事、お部屋の窓等をおおきく開け、空気を入れ替えておくことが好ましいです。引っ越して、住所が変更したら、早めに国民健康保険の資格喪失手続きと加入手続きを行ないます。資格喪失は、旧住所で手続きができて、加入の方は、新住所の方で行なうことができます。

印鑑、国民健康保険証と、もう一つ、本人確認書類にできる運転免許証かパスポートを用意し手続きに行きましょう。

面倒ではありますが、同じ市区町村内での引っ越しであった場合でも、忘れずに転居届を提出する必要があります。

転居の際の掃除は大変です。
家財道具を丸ごと運び出してから、もちろん、綺麗にそうじをしますが、少しずつでも、前もって始めていくのが結局、自分が楽になります。コツは荷造りより先に、まず、掃除から手を付けることだと思います。そうすると、最後の仕上げにさっと軽く掃除するだけですみます。

引越しといえば粗大ゴミ整理です。

引越しの際に捨てるのは大変なことですから、あらかじめ大きな粗大ゴミは捨てていくのがよいと思います。
荷物をまとめ始めるのと同時に粗大ゴミを処分すれば、後々、楽になります。処分出来る日を、前もってチェックしておくと安心です。引っ越しを行う上で何より気になる事は、その経費だと思います。

今どきは、一括見積もり等で成熟してきており、そこで、最安値の引越し業者を選ぶ事も数多いでしょう。

ただ、経費が安いということだけに捉われていると、サービスの内容が疎かになることもあるので、念入りな注意や確認が必要です。

もし、引っ越しされる方が車をお持ちならば、車も住所変更届が必要になりますが、ナンバープレートが変わることについては気がかりだと思います。これは単純な話で、ナンバープレートの変更は転入先を管轄する陸運局の問題です。転出してきたところと、同じ陸運局の管轄ならナンバープレートはそのままで良いのですが、管轄が異なる地域であれば、指示に従ってナンバープレートを変えてください。

引っ越しがすんだら、市役所でいくつかの手続きを行う必要があります。後、地域の警察署に行って、住所変更をする必要もあるでしょう。

普通は、住民票の写しを出すと、すみやかに手続をしてくれます。
一人暮らしで引越し業者の選び方がポイント